• Home
  • 漬ける
  • もみじ(鳥の足)のレモングラスと酢漬け(Chân gà ngâm sả tắc)
1 0
もみじ(鳥の足)のレモングラスと酢漬け(Chân gà ngâm sả tắc)

Share it on your social network:

Or you can just copy and share this url

食材

人数調整:
500g 鶏の足(Chân gà)
150g きんかん(Tắc)
10本 レモングラス(Sả)
5本 唐辛子(Ớt sừng) 日本で生ではなかなか買えないので、乾燥したものでOK。
200g しょうが(Củ gừng)
3杯(ティースプーン) 酢(Giấm) 日本人に馴染み深い米酢でよい。
3杯(ティースプーン) ヌックマム(Nước mắm) 魚醤やナンプラーで可。
300ml
3杯(ティースプーン) 砂糖(Đường)
10g レモンの葉(Lá chanh) レモンの苗から育てるか、なしでもいい。

もみじ(鳥の足)のレモングラスと酢漬け(Chân gà ngâm sả tắc)

骨まで食べられないので注意

もみじ(鶏の足)を酢でつける食べ方です。キンカンの代わりにレモンやゆずでもOK。

特徴:
    料理の種類:

      食材

      調理方法

      シェア

      Steps

      1
      できた

      鶏の足を臭いを消すためお酒で洗う。食べやすいサイズに切る。レモングラスを短く切る。唐辛子を辛さの好みで切る。きんかんをスライスにする。

      2
      できた

      鶏の足と最初のレモングラス量の半分を茹でる。茹で上がったら、冷水につける。すると皮がしまって固くなり、良い食感に。冷水につけるための容れ物がなければ、茹でたあと冷蔵庫に10分程置いても良い。

      3
      できた

      タレは酢、ヌックマム、水、砂糖よく混ぜて沸騰するまで火にかける。沸騰したらすぐにレモングラス、唐辛子、きんかんを入れる。再度沸騰したら火を消す。

      4
      できた

      茹でたあとの鶏の足を冷蔵庫から出して、瓶に入れ冷めたタレを漬ける。1日経ったら食べられるようになる。(骨は食べられないので注意)

      5
      できた

      漬け込んでから2~3日以内に食べましょう。酸味が発酵の原因となってしまうので、冷蔵庫で保存します。

      HoNu Minh Tam

      別レシピ
      しじみのレモングラス炒め唐辛子(Hến xào xả ớt)
      他レシピ
      うずらの卵の醤油漬け(Trứng cút om nước tương)
      別レシピ
      しじみのレモングラス炒め唐辛子(Hến xào xả ớt)
      他レシピ
      うずらの卵の醤油漬け(Trứng cút om nước tương)